対戦ゲームっていいよな

対戦ゲーム、麻雀の攻略。それらの上達に役立つ知識の共有がしたい。

初級者向け シールドを取られた時の駆け引き メルティブラッドタイプルミナ

【概要】

シールドを取られた時の駆け引きとおすすめの選択肢を紹介していきます。

シールドを取られた時の駆け引きを理解することで、知識不足による一方的な読み負けを無くして被弾を減らすだけでなく、相手の知識不足を認識して駆け引きを優位に出来ることを目的とします。

中央でシールドを取られた時

おすすめの選択肢

相手の選択肢は大きく分類して以下の8つです。

①シールド継続

②シールド即離し

③〜⑧3種類のシールドカウンターを最速入力orディレイ入力

8つの選択肢を理解してそれぞれに対応することは初級者にとって難しいので、まずは幅広く対応できる選択肢を覚えましょう。

中央密着時に地対地シールドを取られた時におすすめの選択肢とは、

進行方向とは逆にガード入力しながらBCカウンター

です。

※進行方向とは逆にガード入力=例えば自キャラがBCカウンターで右方向に移動するのであれば左方向にキー入力

 

では、進行方向とは逆にガード入力しながらBCカウンターをしたとき、相手のシールド後の選択肢によって何が起こるかを解説していきます。

 

シールド取られBCカウンター後の状況と駆け引きについて

相手にシールドカウンターAをされた場合

◯最速Aカウンター

相殺が起きます。

相殺すると自分が+23F有利となりますが、自分が動けるようになるタイミングと同時に相手は相殺をジャンプキャンセルすることが出来ます。

※相手のジャンプ移行F分、自分が有利となります。

◯ディレイAカウンター

シールド成立時に互いが密着している場合、ディレイAカウンターの攻撃判定が自キャラに届くタイミングが1Fのみ存在します。最速ジャンプでも避けられませんが、相手も1Fのタイミングを狙うのを安定させるのは困難です。

 

相手にシールドカウンターBをされた場合

◯最速Bカウンター

Bカウンターが空振り、自キャラが23F有利の硬直差となります。

キャラクターによってはBカウンター確認ジャンプキャンセルから確定を取ることができます。

◯ディレイBカウンター

Bカウンターが空振りorガードで自キャラが12F前後の有利フレームを取ることが出来ます。

 

シールドカウンターBCをされた場合

◯最速BCカウンター

相殺して自分が+1Fで仕切り直しです。

◯ディレイBCカウンター

自キャラが相手のディレイBCカウンターをガードし、着地まで動けなくなります。

相手がBCカウンター後に行動可能になってから11F前後に自キャラが行動可能となります。

 

シールド即解除された場合

自キャラが15F有利です。

 

【画像解説】

ガード入力方法を間違えなければ、相手のディレイカウンターも問題なくガードできます。

▼端付近では相手のディレイBカウンターが背面に出現することがありますが、進行方向とは逆のガード入力でガードできます▼

 

▼相手にディレイBCカウンターを入力した際、進行方向とは逆のガード入力でガードできます▼

 

【シールド取られBCカウンターの弱点】

BCカウンターを入力するとムーンゲージが50減少します。

また、Aカウンターで相殺された後にジャンプキャンセルから読み合いを仕掛けられる場合があります。

 

画面端で相手にシールドを取られた時

進行方向とは逆にガード入力しながらBCカウンターをしましょう。

そうです、選択する行動は中央と同じです。

しかし、BCカウンター後の状況が中央よりも相手と密着するので、駆け引きが変わってきます。

 

相手にシールドカウンターAをされた場合

◯最速Aカウンター相殺から何もしない

相手が相殺後にジャンプキャンセルしない場合は、相殺して自分が+23F有利なので相手と密着するので降りJ攻撃が確定します

▲相殺後は+23Fなので低め空中攻撃でもパニッシュが取れます

 

◯最速Aカウンターからジャンプキャンセル

ジャンプ移行F分だけ相手が不利になりますが距離が近いため、空中投げorシールドを軸とした読み合いを仕掛けられます

空中投げに対しては発生5〜6Fの空中攻撃を振れば勝てますが相手にシールドをされるリスクがあります。

すでに取られBCカウンターでムーンゲージを50%消費しているので、さらにシールドを取られることは避けたいです。

この駆け引きを優位に進めるためには難易度の高い確認からの複合入力が必要となるので、初級者向け記事の段階では「後々そういうことをされると対応が難しいのかぁ」くらいに認識でOKです。

 

◯ディレイシールドカウンターA

画面端シールド成立時に密着している場合、取られBC後に相手のAカウンターの攻撃判定が届くFが5F存在します。

アルク、シエル調べ。キャラ差の可能性あり

ディレイAカウンターは低めの空中攻撃や、地上A攻撃の硬直に間に合わないので、あまりにもディレイAカウンターが多い相手にはシールド取られ何もせずガード入力をし、相手のディレイAカウンターをガードした後に7F以下の技で確定反撃を狙うと良いです。

 

相手にシールドカウンターBをされた場合

ガードして自分が+6F有利です。

6F以下の技から確定ダメージを取りましょう。

 

相手にシールドカウンターBCをされた場合

相殺して自分が+1Fとなりますが、相手に中央に逃げられてしまいます。

 

相手シールド即解除

自分が15F有利ですが、中央と異なり相手との距離が近くなります。

BCカウンター後にそのまま空中攻撃を振ると、相手に再度シールドを取られてしまう場合があります。シールドの駆け引きを避けるために、BCカウンター-空中ジャンプで逃げることも選択肢に入ります。

 

上記の中央、端の地対地シールドの駆け引きを抑えておけばシールド初級者卒業です。

進行方向とは逆に移動キー入力をしつつ取られBCを使いこなしてシールド成立後の被ダメージを減らしましょう。