GBVSとスト5攻略ブログ

シルバーの頃からスト5、sfv攻略をずっと書いてます。

GBVS カタリナ 基礎固めとコンボ2020

見やすいフォーマットとかあれ教えてください

 

コンボの始動について

カタリナは2択上下段のような崩し構成を持っていないので、

置き技

飛び

暴れ潰し

対空

の4つが主にコンボの始動になります。

ここでは暴れと入れっぱを潰せる固め構成と、それがヒットした時にどのようなコンボを選択すれば良いのかを書いていきたいと思います。

 

表記について

弱=L  中=M  強=H  特殊=U

236=ライド 214=ランズ 623=ソード

 

 

とりこれ基礎固め

最速暴れと入れっぱを潰し、単発確認を必要としない基礎固めは以下です。

・2L-5M
・5M-ノーキャンセル5M

5MMまで入れ込み、ヒットしていたらコンボ、ガードされたら5MMで止めてターン終了。

気分でライド(236)キャンセルすると近めの-10Fを背負う。

まずはこれをマスターし、暴れと入れっぱを潰せることをトレモで確認しましょう。

崩しはとりあえずはリリースしたてなので2Lや5Mガードさせてからの雑なダッシュ掴みを通しつつ、今後ブラシュアップさせましょう。

 

とりこれ基礎コンボ

2L始動のダメージを載せています。2L始動は5M始動より300ダメほど低いです。

 

Hランズが壁バウンドしない距離
2L-5MMMLランズ(2225)

ヒット後はその場受け身には5Mが、後ろ受け身には5Hが重なります。

5Hからは確認からLor Hランズに繋げましょう。

ランズの代わりに奥義や解放奥義もつながります。奥義(3725) 解放奥義(4310)。

 

 Hランズが壁バウンドする距離
2L-5MM-Hランズ(壁バウンド)-近H-Mソード(3590)

 Hランズ時に壁から近すぎると近Hで拾えないので近Mで代用する(3290)。距離感は調べておくこと。

近Mよりも近MM拾いの方がダメージが伸びるが後述のHライドコースや奥義コースでダメが下がる。

Mソードを奥義〆で4690、簡易解放奥義〆で5126。

簡易解放奥義からは前ジャンプ入れっぱJHで詐欺飛びです。

 

〜(壁バウンド)-近H-Hライド-近H-Mソード(4315)

 Hライドを挟むことでさらに火力を伸ばすことができる。

奥義〆4942、簡易解放奥義5224。

解放奥義する場合は、100ダメほどしかふえないのでHライドを挟まなくても良さそうです。

 

端(Hライドから2Hが繋がる距離)

壁と密着しているときはHライドから2H-Mランズが高ダメージです。

2L-5MM-Hライド(壁バウンド)-2H-Mランズ-近L-Mソード(4057)

Mソードの代わりに奥義(4620)、解放奥義(4994)

キャラ別レシピがあるが100ダメしか違わないので全キャラ共通のこれを使う。

 

対空

対空コンは難しいのでまずは安定しやすい構成を押さえましょう。

2H(ch)-5Uフロントステップ〜
(近い場合)2H-Mランズ
(遠い場合)5H-Lランズ
(端に近い場合)2U- Hランズ

 

端付近で2Uを使わなくても拾える場合

2H(ch)-微歩き遠H-Hランズ(壁バウンド)-ダッシュ遠H-Hライド〜
近HHH 5062
近H-奥義 6360 解放奥義6510

 

 

ここに書いてることはバッチリだぜ!って方はこちら

GBVS カタリナ コンボと起き攻め - GBVSとスト5攻略ブログ