スト5初心者の頃から書き続けているブログ

悪戦苦闘しているスト5初心者の成長・上達を手助けできれば幸いです。シルバーだった頃から記事を書いています。

【ルーキーからはじめるスト5習慣】何やっても崩せないというあなたに 原因その1

昨日対戦している相手に、崩せない、何が正解かわからない、と言われたのですが何故こういうことが起きてしまうのでしょうか?

また、その解決策を考えて行きましょう。

f:id:catkocatma:20180418092239j:image

原因1 択に出来ていない

原因1と書きましたが大体の9割はここが原因です。

よくツイッターでプロゲーマーとか偉い人が、

じゃんけんでグーチョキパーを出さない人が多すぎる

グーとチョキに対応できる手に対してずっとグーとチョキしか出さない

みたいな発言してるじゃないですか?あれです。

これだけだとイメージ湧かないと思うので具体例を出して行きますね。

ジュリで立弱pを相手にガードされた時に、投げ or 投げ狩り下がり大p or 暴れ潰し中pを狙っている人がいるとします。

これは択になっていません。何故でしょう?

この状況での投げは、ガード 暴れ全般に勝つことができ、遅らせグラップ 無敵技 下がり バックジャンプ バクステに負けます。

一方で投げ狩り下がり大pは、遅らせグラップ 無敵技に勝ち、下がり バックジャンプ バクステに負けます。

そして暴れ潰し中pは、最速暴れ バクステ バックジャンプに勝ち、ガード 遅らせグラップ 無敵技 下がり 遅らせ暴れに負けます。

お気付きでしょうか?

この3つの選択肢は全て下がりに負けてしまいます。

いくら読み合いが強かろうが、観察眼を持っていようが、この3つの選択肢だけでは一生相手に読み負けてしまいます。

ここで下がりに対する選択肢を用意してはじめて、弱pからの行動を択に出来ていると言えます。

★まとめ★

読み合いの選択肢を作る際は、その行動が何に勝てて何に負けるのかを整理し、漏れなく対応出来るように準備!

 

もう一つ具体例書きます。少しコアなので深く考えたい人以外は読み飛ばしオッケーです。

ララのノーマルコマ投げの状況を整理しましょう。

2018年4月現在は+13Fの状況を作ることが出来ます。

なので弱ボルト(到達14F)が暴れ、バクステ、入れっぱ狩りになっており、ヒット+3ガード-1でリターンも望めます。

弱ボルトがガードに負けてしまうので、ガードに勝てる選択肢としてexコマ投げ(発生18F)や前ダッシュ投げ(22F)があります。

しかし、これに対しては弱ボルトガードタイミングのバックジャンプで全対応されてしまいます。

書き出すとこんな感じです。

14F 弱ボルト持続ヒット

15〜17F このタイミングでバックジャンプ

18F exコマ投げ

22F 前ダッシュ投げ

なので、15-17F間のバックジャンプに対する回答も用意する必要があります。

簡単なのは前大p(発生17F)ですね。

実戦では自分が思いつかないような対策をされている場合もあるので、崩せない相手との対戦リプレイを見直して読み負けなのか選択肢漏れなのか確認しましょう。

 

原因2 基準を作れていない

は次回更新です。