読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スト5初心者の悪戦苦闘を支援するブログ

悪戦苦闘しているスト5初心者の成長・上達を手助けできれば幸いです。シルバーだった頃から記事を書いています。

【いぶき】とりこれ雷打攻略 【逆対にも使える!】

いぶきの主力技の一つである雷打から派生する読み合いを共有します。

とり(あえず)これ(やってれば形になる)攻略です。

★こういう読み合いもあるよ、こういう対応あるよ、というのがあれば気軽に言ってください★

 

 

f:id:catkocatma:20170419102550j:image

▲雷打はこの技です。いぶきの技ってカッコいいですよね。

 

雷打って何が強いの?

コンボの〆でよく使われる雷打の性質として重要なのは、

打撃投げであるため、その場受け身しか取ることができない

ということです。

これによって、ダウン時に発生する、その場受け身を取るか、後ろ受け身を取るかの読み合いをすっ飛ばすことが出来ます。

 

雷打後の状況と基本択

では具体的に雷打(小)後の状況について解説します。

 

○雷打後はとりあえず前ダッシュ

雷打(小、端の大)を当てた後の基本となるのは前ダッシュからの起き攻めです。

①少し歩けば投げが重なる

要練習ですが、3F暴れも投げれます

投げが負ける行動は、バクステ、投げ抜け、ジャンプです。

 

f:id:catkocatma:20170419113103j:image

▲投げ後はバクステにリスクを持たせるのが難しいので攻め継続力は弱め

 

②屈小Kが下がりを咎める

後ろ歩き、バクステ(キャミィ以外)、暴れに勝てる選択肢です。

屈小Kが持続で重なり、

屈小K〉立小K〉雷打

が繋がります。

画面を押せ、ゲージも溜まり、さらに雷打で攻めがループします。

立小Kがガードされると-2Fであるため、下段ガード、遅らせグラップに読み負けます。 

 

f:id:catkocatma:20170419203907j:image

▲持続で重なるんすよ、って何か玄人感ありますよね

 

③立中Pで攻め継続&暴れ潰し

暴れやバクステが多いと感じる相手には立中P重ね。

ガードさせて攻めが続き、ヒット時も

立中P〉立小K〉雷打

で攻めがループします。

遅らせグラップをされると凌がれますが、プラス2Fからの攻めを継続させることが出来ます。

 

④遅らせグラップ潰し

ここまでの選択肢紹介で、

あれ?遅らせグラップに弱くない?

と思った方も多いはずです。

そんな遅らせグラップにリスクを持たせる行動をいくつか紹介します。

◯6中K

空中判定になるため投げをスカしつつ攻撃出来ます。

ヒット時は立小Pが繋がり、キャラによっては雷打や風切りで〆ることが出来ます。

ガードされても-2で安全です。

投げを受け入れた遅らせクラカン技に大きなリスクを持ちますがまだやられたことはありません。

 

◯微歩き立中P

歩きながらタイミングを調節し、立中Pでグラ潰しを狙います。

ガードされたときも密着してるので攻め継続が強力です。

最速暴れ(5F前後)、投げ暴れ、バクステ、バックジャンプに負けます。

 

◯遅らせ屈小P

無敵技、ファジー小技をフォローするならコレ。少し応用編ですね。

 

 

以上が雷打後の基本的な読み合いの解説でした。

状況によってはリスクは変わるものの、

下がりを潰すか、

暴れを潰すか、

投げを潰すか、

これらの要素を組み合わせたり突出させたりするのがいぶき使いの腕の見せ所ですね。