スト5初心者の悪戦苦闘を支援するブログ

悪戦苦闘しているスト5初心者の成長・上達を手助けできれば幸いです。シルバーだった頃から記事を書いています。

【感想文】井上さんの段階別!ポイントチェック表について考えてみる その1

Twitterで以前井上さんが投稿してた

「段階別!ポイントチェック表」ですが、

なるほど〜参考になる!

って言っている人と、

これどういう意味?

って言っている人がいるので俺はこう捉えたよ!というのを書いてみます。

 

f:id:catkocatma:20170310171950j:image

 

LP1000〜

 

(コンボ)簡単な連続技を一つ確実に身に付ける

「簡単な」「一つ」「確実に」

ポイントはこの3つだと思います。

まず「簡単な」についてですが2つの意味があります。

①難易度が「簡単」

スト5は通常技から必殺技へ繋がるコンボが多く、一部のキャラはコンボをミスして必殺技をガードされると手痛い反撃を貰ってしまいます。

練習すればミスが無くなる、つまり「確実に」身に付けられるコンボを選択しましょう。

 

②始動技を当てるのが「簡単」

せっかく覚えたコンボが実戦では狙えない!となってしまうのは本末転倒です。

「当てるのが簡単」というのは非常に大切なので、扱いやすい攻撃から繋がるコンボを選択しましょう。

 

①②を踏まえたコンボを少し紹介します。

 

リュウ

立中P〉立中P〉波動拳

ダメージが取れ、難易度が低く、ヒット確認をせずに波動拳まで入れ込んでも大丈夫

当てやすい立中Pからここまで揃ってる、まさに主人公コンボです。

 

キャミィ

立中P〉立大P〉強スパイラルアロー

立大Pの代わりに屈中Kを使うことでコンボが繋がる間合いは伸びますが、

立中Pから屈中Kに繋げるのは「難しい」ので、少し遅れても繋がる立大Pを採用しました。

強スパイラルアローはガードされてしまうと反撃を受けてしまうので、

立中P〉立大Pはコンボになるように入力しつつ、立大Pを入力している時に立中Pが当たっているのを確認してから強スパイラルアローを入力しましょう。

 

コンボを覚えましたら、試合の中でどんどん狙いに行きましょう!

リュウキャミィなら立中Pを当てにいってください。

 

このチェックポイントの目的

攻撃を当てた時に取れるダメージを増やすことで、効率よく相手の体力を0にすることが出来ます。

これを当てたらこのコンボをしてダメージを取ろう

という狙いを持って対戦することは対戦ゲームの攻めを構築する入り口となります。

 

 

 

(対空) 対空技を1つ覚えて使ってみる

「1つ」「使ってみる」

ということがポイントです。

複数の対空技を使い分ける必要や、飛びを全て落とすなんてことは必要ありません。

対空というものはこういうものなんだな、と理解するためにまずは「使ってみる」ことが大切です。

「1つ」ですので、コンボと同様に「簡単な」ものがあるならそちらを採用しましょう。

ただし、簡単ではあるものの、対空として機能し辛い技は「対空を使ってみる」という目的を満たすことが出来ないので除外します。

 

例えばリュウなら対空技の候補は、

昇竜拳

EX昇竜拳

立小P

屈大P

立大K

があります。

 

コマンドの昇竜拳

距離を考えないといけない立大K、

安定性に欠ける立小P、

これらは一旦除外して、

一つのボタンで出せてだいたいと飛びを落とせる「簡単な対空技」の屈大Pを採用するのがおすすめです。

もちろん、俺は昇竜拳で行く!というのもOKです。

 

このチェックポイントの目的

スト5は飛びからのコンボダメージが高く、ガードしても激しい攻めが続いてしまうので、飛びの怖さを知り、それを防ぐ「対空」の重要性をそれとなく感じるための準備となります。

 

 

(立ち回り)立ち回りで適当に振っていい技を覚える

「適当に振っていい」というのがポイントです。

足払いや無敵技はガードされたり空振ると一定のリスクを負うので適当に振ると体力が溶けてなくなります。

スト5 において適当に振っていい技の特徴として抑えておきたいのが以下の3つ。

○リーチが長い

○空振っても反撃されにくい

○ガードされても反撃されにくい

 

ジュリ、キャミィ、かりん、ベガの立中Kのような技がこれに該当します。

 

このチェックポイントの目的

相手の行動を潰しやすい技を適当に振ることで、相手の動きを制限し、飛びやダッシュを通しやすくします。

飛びやダッシュが倒せたら、練習したコンボを試すチャンスです。

また、反撃がしつらい技をばら撒くと、地上を嫌って相手が飛んでくるので練習した対空を試すチャンスにもなります。

 

(近距離 守り)攻め込まれても焦らず、ガードと逃げを使い分ける

次回のカミヅキさんとの対談記事のテーマです。

書き終えたらリンク貼ります(●´ω`●)