読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スト5初心者の悪戦苦闘を支援するブログ

悪戦苦闘しているスト5初心者の成長・上達を手助けできれば幸いです。シルバーだった頃から記事を書いています。

魚のいない池では魚は釣れないお話

表題の件、当たり前でしょ、と思う方が多いと思いますが実際はそうでも無いのです。

 

魚を沢山釣る

という課題があったとして、

どこで釣るか

どのくらいの期間で釣るか

どれだけ釣れば充分か

といった、課題達成のためのフレームを練り込むのが『戦略』となります。

 

そして、

どの釣り方を選ぶのか

エサは何を選ぶのか

といった、戦略の効果を上げるための手段が『戦術』となります。

 

ここで大切なのは、

戦略のミスは戦術でフォローできない

ということ。

 

例えば、いかに狙った魚に対する最適な釣竿やエサを準備(戦術)したとしても、魚がいない池(戦略のミス)で魚釣りをしても仕方がない、ということです。

 

対戦ゲームに置き換えてみると面白いですね。

 

例えばリュウで、

「波動で飛ばせて昇龍で落として戦う!」

と言っている人が居たとします。

 

俺の使用キャラはジュリなので、飛んだとしてもリュウにワンボタンで落とされる 。

しかし一方でvスキルやex両断による玉抜けで攻めの起点を作れるので、波動拳に対して飛ぶ必要がそもそも無い。

いくらリュウ

「飛んでくれ!」

波動拳を打ってきても、ジュリは蹴り上げで相殺しながら隙を見てvスキルを溜めるだけで良い。

 

そういう試合展開の中で、

「いや!自分の波動が下手だからジュリは飛んでこないんだ!がんばろう!」

と、戦略を間違えていることを疑わずに対戦ゲームをするのも良し、

頑張って考えてたけど、どうやらこの戦略は機能しないな見直す必要があると涙を飲んで見直すのも良し

それは個人の自由です。

 

2日かけて練習して組み立てた戦略、戦術がまるで役に立たない、なんでことはよくあります。

しかし、そうした没要素が新しい引き出しを作る鍵となることもあります。

 

戦略を見直す場合は、

○なぜ失敗したのか

○戦略が間違えているのか

○それとも戦術が拙くて戦略を実現できなかったのか

(ジュリを波動で飛ばせる戦術アプローチは確かに存在する)

 

これらに気をつけると良いですね(●´ω`●)