読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スト5初心者の悪戦苦闘を支援するブログ

悪戦苦闘しているスト5初心者の成長・上達を手助けできれば幸いです。シルバーだった頃から記事を書いています。

【シルバー向け】 暴れの基本要素

シルバーリーグの人を集めてゴールドを目指すグループを作っているので、シルバー帯の方と対戦する機会が多いのですが、

シルバー〜ゴールドあたりの人が殆ど基本的な知識すら得て居ないのがこの「暴れ」です。
 
スト5の中でもかなり急所になってくるので、基本的な考え方をまとめます。
 
 
「暴れ」とは、不利フレームから相手の行動を読んであえて攻撃を選択すること(だと解釈しています)
 
暴れを狙う状況
スト5で暴れを狙う状況は大きく2つに分類することが出来ます。
 
①受け身後読み合い(知識が必要)
 
②崩し読み(主に遅らせグラ狩りの行動に対して)や固めへの割り込み
 
 
①受け身後読み合い(知識が必要)
 
相手にダウンさせられ、その場受け身・後ろ受け身後に不利フレームを背負う状況での選択肢の一つに「暴れ」があります。
 
実例を挙げながら暴れを選択するプロセス、それが絡む読み合いを考えていきます。
 
例えばリュウの足払いを食らってしまった時、その場受け身を取っても後ろ受け身をとってもリュウの後大K(踵)を喰らいます。
いわゆる受け身両対応と呼ばれるものです。
 
非常に強い行動ですが、実はこの行動は
リュウが前ダッシュ時、その場受け身に対して +4F(4F早く動ける)状態で、発生8Fの後大Kを入力しています。
つまり、発生3Fの技をその場受け身から入力することで、リュウの後大Kを潰すことが出来ます。
相手が後ろ受け身にも対応できる後大Kを選んでくるだろうという読みを持って3F技で暴れる。
これがリュウの足払い後にその場受け身から暴れる理由の一つになります。
 
一方でこの暴れは、リュウ側の立中P(発生5F)で潰されてしまいます。
ですがこの状況の立中Pは後ろ受け身には空振ってしまい-8F背負ってしまいます。
つまり、リュウが立中Pを重ねてくると読んで、後ろ受け身から最速で8Fまでのリーチの長い技で暴れることで立中Pに明確なリスクを持たせることが出来ます。
そしてこの暴れは、リュウの後大Kで潰されてしまいます。
全てが駆け引きとなって繋がっていますね。
 
不利フレームで攻撃する理由、自分が何を望んでいるかという意志を兼ね備えてはじめて暴れが成立するのです。
 
フレームを知らなくてもトレモで状況を再現して押せるボタンを調べるだけで把握できます。
 
 
②崩し読み(主に遅らせグラ狩りの行動に対して)や固めへの割り込み
 
受け身関連は知識による比重が多かったのですが、これに関しては知識と感覚が50:50です。
 
例えば密着でリュウの立弱Pをガードしているとします。
リュウ側が(2F)速く動けるので、その前提の元に駆け引きが発生します。
この状況での、リュウの微歩き投げに対して遅らせグラップをすると、立弱P〉立中Pの暴れ潰しはガード、立弱P〉微歩き投げは投げ抜け出来ます。
しかしこの遅らせグラップはリュウの立大Kでクラカンを取られ、また後歩き屈中Pで潰されます。
 
例えば、
画面中央で相手のリュウにゲージが無い
体力に大きな差で自分が有利
という状況で立弱Pをガードしたと仮定します。
リュウの思考を考えると、
投げよりも中攻撃をヒットさせたい。
それよりも大Kクラカンや、投げ抜け漏れに中攻撃竜巻で一気に画面端に持っていきたい。
となります。
これを読み切った時(または感じた時)に、ここで立弱Pガード後に弱攻撃で暴れるという選択肢が出てきます
 
微歩き投げ→屈弱Pヒット
中攻撃→カウンターヒットされるが、しゃがみなので屈大Pルート以外で竜巻されない(ゲージも無い前提なので割と安心)
立大K→屈弱Pがカウンターヒット
下がり中攻撃→下がり対して屈弱Pをガードさせ、有利状況が作れる
 
このようになります。
 
 
個人的な意見ですが、
暴れが上手いというのは、状況認知能力に特に優れていることだと考えています。
暴れが上手い=防御が上手い、と言えるでしょう。
 
暴れた後まで考察しておく
 
暴れが成功した時のことを考えましょう。
【重要】基本は発生の速い弱攻撃で行い、カウンターヒットすることを前提に中攻撃まで入れ込む。
シルバー〜ゴールド帯で多いのは、
①思想が無い謎の密着中攻撃暴れ
②最速3F暴れからの謎の歩き投げや、弱攻撃キャンセル
この2つです。
 
暴れるときは相手のこの行動に勝てる、という明確な思想があるはずです。
上記の2つからはそれが感じられません。
例えばリュウの後大Kを読んでその場受け身から3F技で暴れるとします。
成功すればこちらの3F技がカウンターヒットするはずなので、
3F技〉カウンターヒット前提で繋がるコンボ
を入力しましょう。
 
ここで暴れが成功してるのに、前歩き投げで誤魔化したり、再度弱攻撃を入力するのは
自分は何も考えずにボタン押してます!読み合いなんて知りません!焦ってます!
と宣言するようなものです。